データベースを新規作成XMLワークフローヘ

XML対応します。

 従来の印刷フローを、XMLを中心とした当社ワークフローに置き換えることにより、自動組版(XML)化を行うことができます。XMLにすることで、様々なメリットがあります。DBを新規に作成することなく、容易に移行できます。

データベースを新規作成


※1 既存印刷データとは、従来印刷で使用していた「QuarkXPress™」、「InDesign」などのレイアウトデータや、「Illustrator」のこと、テキストデータとして有ればで流用可能。当社に該当アプリケーションがあるか事前に要確認。
※2 印刷用DBとは、商品DB、レイアウト情報、印刷にのみ必要な情報、全てのコンテンツが含まれているDB。
※3 印刷用DBとは、商品DB、レイアウト情報、印刷にのみ必要な情報、全てのコンテンツが含まれているDB。
※4 基幹DBとは、企業内において、情報を一元的に管理している物。商品DBや顧客情報など複数のデータが関連している場合が多い。
※5 お使いのデータ形式に合わせた入力プログラムを開発し、レイアウトに合わせ、データを流し込む。
※6 印刷用DBより、必要なデータを抜き出しテキスト形式で書き出す。また、当社で二次利用する場合は、そのまま完全データで書き出すことも可能。
※7 印刷用DBから、必要なデータを抜き出しWeb用にあった変換ツールを作成、変換。Webページの作り方によっては自動更新も可能。
※8 フイルム、版下などのデータとして使用できない場合は、手入力で対応。

このページのトップへ