特徴よくあるご質問ご注意

外字作成します

 Adobe、Apple、Microsoftによって、オープンタイプフォントが標準の規格として作成されました。一般的にも普及、文字数も2万字を超える文字が整備されています。しかし、全ての文字が網羅されていないので、旧字や、中国語表記、記号などを表記できない文字があります。

特徴

 従来、パソコン等で入力出来ない文字を、部分的に画像として印刷物に使用していました。画像ではなく、文字として登録することで容易に再利用できるようになり、作業時のトラブルも低減できるようになります。

  •  特徴
    ・使用環境、サイズ、色、すべての変更に文字として指定できます。
    ・文字として入力できるので、本文修正のリフローも問題なし。
    ・ロゴや筆文字なども登録できます。
    ・中国語や他国語の文字や、図形もフォント化可能です。
    ・PDFファイルの埋め込みにも対応しているので、電子書籍などにも
     表示可能になります。

  • <例>
  •    外字例

このページのトップへ

よくあるご質問

  • Q: 紙の状態でも文字に出来ますか?
    A: スキャニングからの作業になりますが、可能です。
    Q: 印刷に使う文字と、Windowsで使う文字として、使用することは可能ですか。
    A: お客様のご使用環境にあわせた文字を作成できます。
    Q: 他のパソコンでも同じ文字が使えますか?
    A: Microsoftの外字機能で作成せず、フォントとして管理できますので、複数台で使用可能です。※1
    Q: 和文文字も加工できますか。
    A: 元字のライセンスに違反しない範囲で加工することは可能です。使用したい文字によって異なるので、ご確認ください。※2
    Q: 制作する文字数に制限はありますか?
    A: 変換キーの割り当てによって入力文字は異なりますが、1書体50文字程度とお考え下さい。※ 3
    Q: どのパソコンでも使用出来ますか?
    A: 作成した作字フォントがインストールされている場合は使用できますが、文字がない環境では、aなどと表示されます。
    Q: 文字検索出来ますか?
    A: 作字フォントは読みに対応していないため、できません。

このページのトップへ

ご注意

■※1: 欧文フォントとして文字登録しますので、書体が変わった場合は、入力割り当てキーのアルファベットが表示されます。
■※2: 例として、モリサワフォントでは、当社で印刷する印刷物にのみ使用出来る規約となっています。
■※3: 1フォントとしての上限としての割り当てになりますが、複数のフォントに分割することで、理論上制限はありません。
印刷ハンドブック