目次

印刷ハンドブック

 印刷物を制作していて名称などで迷ったことはありませんか?「印刷ハンドブック」は、そのようなときに調べられるように、印刷に関わる用語や技術を1項目ごとにコンパクトにわかりやすくまとめていきます。※1

目次

  • 1、いろいろな印刷方式

    印刷方式 説明 用途例
    凸版印刷
    版の凸部にインクを付けて版から直接、印刷用紙にインクを転写する。鮮明で力強い印刷が可能。 名刺、案内状、高級美術書
    凹版印刷
    (グラビア印刷)
    版に凹凸があり、版の凹部にインクをためて印刷用紙に転写する。インクに光沢があり、色に深みが出る。合成樹脂フイルム・建材にも印刷可能。 写真集、美術書
    平版印刷
    (オフセット印刷)
    版は平ら。非線画部に水を付けてインクが付かないようにし、インクをいったんブランケットに転写し、あらためて印刷用紙に転写する。コストや生産効率がよい。 雑誌・辞書の本文、ポスター、グラビア、包装紙
    スクリーン印刷
    スクリーン状の版に作られた穴の間から、インクを直接印刷用紙に押し付ける。他の印刷法では困難な曲面印刷が可能。 シール・ステッカー、文房具、Tシャツ、曲面印刷
    フレキソ印刷
    ゴム、樹脂などの柔らかい材質の版に液状インキをのせて印刷する。そのため、表面に凹凸がある段ボールやアルミ缶など平面でないものにも印刷が可能。 段ボール、プラスチックフイルム、アルミ缶
    C T P
    (Computer To Plate)
    デジタルデータから製版フィルムを作らず、直接、面付けした版を出力し、オフセット印刷機に取り付けて印刷する方式。フィルム出力という中間工程を省ける。 オフセット印刷と同じ
    オンデマンド
    印刷・CTP
    (Computer To Press)
    フィルムや刷版を使用せずに、デジタルデータを直接、印刷する方法。可変(バリアブル)印刷や少部数印刷などに使われる。 バリアブル印刷、少部数印刷

このページのトップへ

  • 2、企画から納品まで

    ■ 工程表
    企画から原稿作成まで 企画会議 ●企画編集会議
    ●スタッフ編集
    スケジュール作成     CTP   オンデマンド印刷
    取 材
    原稿依頼
    ●原稿受け取り
    ●写真・撮影・手配
    ●イラスト・図版
    ●データ収集
    ●執筆依頼
    決定原稿
    受け取り
       
                   
    データ入稿からフィルム出力まで データ原稿 ●テキスト入稿
    ●素材データ入稿
    ●素材のデータ化
    ●素材の編集
    ●素材の加工
    原稿入稿 データ入稿からフィルム出力まで   データ入稿から刷版まで   データ入稿から製本まで
       
       
       
       
    デザイン
    レイアウト
    ●デザイン・レイア
      ウト作成
    原稿指定
    文字データ確認
    レイアウト確認
       
       
       
    素材データ作成
    原稿作成
    ●図版データ作成
    ●写真データ作成
    ●文字データ作成
         
       
       
    組版データ作成 ●データ修正
    ●プリンタ校正
    ●プリンタ出力
    ●レイアウト作成
    プリンタ出力チェック    
       
       
       
    フィルム
    出力
    デジタル
    校正
    ●データ確認
    ●フィルム出力
    ●プリンタ校正
    プリンタ出力チェック
    面付チェック
    フイルムチェック
       
       
       
       
               
               
    下版から刷了まで 下版・
    刷版
    ●焼付
    ●刷版
           
             

    ●セット
    ●見当合わせ
    ●試し刷り
    ●本刷り
    刷了        
               
    製本・納品
    ●断裁
    ●折り
    ●製本
    ●梱包
             
             
    納 品              

このページのトップへ

  • 3、データ入稿チェックリスト

  • 入稿チェックリスト
  • ■ 発注・受注担当者名
      氏名、住所、電話番号、担当営業の連絡先等。
  • ■ 入稿媒体(DVD-R, BD-R, Mail)※発注・受注担当者名を明記
      DVD/4.7GB/8.5GB
      BD-R/25GB/50GB
  • ■ 使用フォントタイプ(種類・名前)
      例:OTF、新ゴL、M、B、リュウミンL、M、R/TTF Osaka アウトライン済み
  • ■ アプリケーション名(種類・バージョン・ファイル形式)
      例:QX9 Adobe CS6 Illustrator eps Photoshop PSD等
  • ■ 出力ファイル名
      最終ファイルのファイル名 ※リンク画像についても同時確認が必要。
  • ■ 最終カンプ(出力サイズ、ページ数)
      データ確認のため最終カンプの添付が必要。
  • ■ 特色(使用チップ名)
      該当のカラーチップをカンプに添付。またはチップナンバーを記入。
     データ作成方法については、事前確認が必要。
  • ■ その他の工程
      例:画像は「アタリ」(低解像度データ等)のため差し替えあり。
  • ■ ビブロス外字
      DTPの場合は、写研システムより文字数が少ないため、ビブロス外字を使用している。具体的な文字の使用については、事前確認が必要。
  • ■日本書籍コードの構造
    ISBN (International Standard Book Number:国際標準図書番号)
  • ISBNは、最終利用者(読者等)が利用可能な書籍のための識別子として運用されています。
  •  

このページのトップへ

  • 4、用語集

    ■ DTP一般
    罫
    ポストスクリプト ページ記述言語。出力機の解像度に依存せずにきれいなプリントができる。ベジェ曲線と呼ばれる方式で曲線を表現している。ページ単位で画像や文字を、コンピュータやプリンタが共通して理解できる標準的な形式で記述する言語である。
    罫
    圧 縮 一定のアルゴリズムを使用してデータ容量を小さくすること。大まかには、可逆圧縮と非可逆圧縮がある。
    罫
    フォーマット 記録媒体等を物理的に初期設定すること。データ形式のこと。
    罫

    ■ 画像
  • 罫
    解像度 印刷に必要な画像の細かさを表す言葉。1インチ(2.54cm)の中にあるdotの数で表示する。通常は原寸で350dpi(dot/inch)とする。
    罫
    EPS 安定して出力できる。切り抜き情報が持てる。印刷向き。
    罫
    TIFF 可逆圧縮。切り抜きできない。汎用性がある。印刷向き。
    罫
    JPEG 非可逆圧縮。Webでよく使われる。汎用性がある。GIFと比較して階調の高い写真等に向いている。
    罫
    GIF 可逆圧縮。ただし、256色までのRGB形式。Webでよく使われる。汎用性がある。階調の低いアニメーション等向き。
    罫
    PICT マッキントッシュ標準フォーマット
    罫
    BMP ウィンドウズ標準フォーマット
    罫

    ■ フォントタイプ(Macintshの場合)
  • 罫
    システムファイル内のフォントフォルダにインストールしてある。印刷の場合は、スーツケースとポストスクリプトフォントとセットになっている。文字の書体(形)のこと。和文フォント、欧文フォントともに多数の種類がある。印刷には、下記の4種のフォントタイプから選択して使用する。
    罫
    TTF(トゥルータイプフォント)
    罫
      アウトラインフォントデータをパソコン側でビットマップに展開し、プリンタに送って印刷。商業印刷には不向き。解像度制限600dpiまで。
    罫
    OCF(オーシーエフフォント)
    罫
      ポストスクリプトフォント。プリンタ側で文字情報を付加し、出力する。(一般的にG3,Mac OS8.1まで)
    罫
    CID/New CID(シーアイディ/ニューシーアイディフォント)
    罫
      ポストスクリプトフォント。プリンタ側で文字情報を付加して出力する。(同じ字形ながら、OCFフォントより機能がアップしている。OS Xでも使用可能。)
    罫
    OTF(オープンタイプフォント)
    罫
      トゥルータイプフォント、ポストスクリプトフォントを含むフォント。今までの書体よりも文字数が多い。Mac、Winで共用できる。
    罫

    罫
    フォント名 TTF OCF CID New CID OTF
    罫
    きれいに表示できる
    罫
    印刷に適している ×
    罫
    アウトライン化可能 × ×
    罫
    外字に適している ×
    罫
    OSの互換がある × ×
    罫
    PDFでの書体埋め込み × × ×
    罫

このページのトップへ

  • 5、レイアウト(体裁)


    ■ 体裁

  •  
    ■ 主な記述記号のよびかた

このページのトップへ

  • 6、レイアウト(校正記号・専門用語)

  • 校正記号、本づくりの専門用語
    ■ 校正記号(画像)

  • ■ 本づくりの専門用語
    罫
    赤字 校正刷(ゲラ)に赤の鉛筆・ボールペンなどで書き込まれた訂正文字、あるいは校正記号。
    罫
    青焼き モノクロやグラビア印刷の校正で、製版フィルム(ポジ)を青写真感光紙に焼き付けて校正紙の代用としている。線画部が青くなることから、こう呼ばれる。
    罫
    ケイアタリ 写真・組み合せ範囲などのアタリ枠を指定の時に引いた罫が、仕上がり時には必要でない場合にケイアタリと指定する。
    罫
    一部抜き 製本着手前に、本文、扉、別丁など1冊分の中身を取りそろえること。これによって丁合の手違いなどを未然に発見できる。
    罫
    べた組 和文組版の字間にスペースを入れずに組むこと。2分アキ、4分アキなどに対していう。
    罫
    責任校了 校正において、訂正、直しの箇所が少ない場合、または刷上げ時期切迫の場合、印刷所に責任を持たせて校了にすること。
    罫
    背丁 各折丁の順序を簡単に見分けるために、折丁の背になる部分に刷り込んだ記号。一般に書名と折りの順序を示す数字を刷り込む。
    罫
    段組 2段以上に組んだ文字の組版。これに対して、各行を途中で区切らず続けて組む方式を段抜きまたは通し組という。
    罫
    台割り ページ物の印刷の際、印刷機1台で1回に印刷される分のページ数に区分すること。
    罫
    折丁 製本するための折りたたまれた刷り本。本の中身を構成する1単位。16頁折か32頁折が一般の折丁の基準である。
    罫
    ノンブル 本の頁数を表す番号。英語でナンバーにあたるドイツ語。
    罫
    中綴じ 製本における綴の一様式。平綴じに対していう。絵本、パンフレットなど主としてページの少ない製本の場合に、表紙と中味を同時に丁合し、背の部分を針金または糸でとじて、その部分を2つ折りにして仕上げる。
    罫
    投げ込み 本ができ上がった後に差し込まれる愛読者カードなどのような印刷物。
    罫
    端物 ページ物にまとまらない印刷物。領収書、はがき、伝票、ちらし、広告、名刺、招待状などのように、多くのページにわたらない印刷物のこと。1枚ものが多い。実際には明確な区分がなく、ページ物でも単純な小冊子や手軽なカタログなどは端物の部類に数えられる。
    罫
    パラルビ 組版中のある特定の漢字にだけふりがなをつけること。これに対し、漢字全部にルビをつけることを総ルビという。
    罫

このページのトップへ

  • 7、文字 きさ

  • 級数、主な書体例
  • ■ 級数(見本の)書体はリユウミンファミリーを使用(画像)

  • ■ご注意:OSやWebブラウザ等により縮尺は異なります




このページのトップへ

  • 8、折り・綴じ

  • 折り・綴じ(画像)


  • ■16頁本がけの刷り本を折るには、まず一番若い頁が自分の左手前になるように置く。(画像)
  • 次に、刷り本を90°回転させ、また、右から左へ折る・・・これをもう一度繰り返せば、
    一番若い頁が上にきて、折りが完了。右開きの本なら地袋、左開きの本なら天袋になる。

このページのトップへ

  • 9、製本・加工(製本)

  • 製本



このページのトップへ

  • 10、製本・加工(加工)

  • ■ 表面加工
  • 名称 効 果 主な用途
    光沢コート ニス等を塗布し、刷物の表面に光沢を出す加工。水性ニスや溶剤系のニスを塗布し熱風で乾燥したり、UVニスを塗布し紫外線照射で硬化させたりする。印刷物の表面に光沢を付け、汚れや退色を防ぎ、耐久性を高める効果もある。 パッケージ、POP
    PP加工
    印刷の表面にポリプロピレンフィルム(もしくは塩化ビニルフィルムやポリエステル)を貼り付ける。印刷物の表面に光沢を出したり、紙のコシを生かして独特の風合いを得たりする。同時に強度も増す。光沢(グロスPP)、無光沢(マットPP)がある。 写真集、美術書
    プレスコート
    熱硬化性のニスやアクリル樹脂などを塗布した後に、熱風乾燥させ鏡面版(ステンレス製)で圧を加えて光沢を出す表面加工。印刷物の表面に鏡面光沢を付ける。 カード類、本の表紙
  • ■ 押加工
  • 名称 効 果 主な用途
    スジ押し 厚紙やラミネートなどの加工をした紙をきれいに折るために、折り目を付ける加工。
    スジ付け・折り目付けともいう。
    折りたたみ式の紙箱など
    型押し ロゴなどを型を起こし、凹凸の型を使用して圧力で紙に凹凸を付けること。
    <箔押し>金属箔(色箔・銀箔・アルミ箔なども使用する)を、加熱した版を使って紙に文字・模様を転写すること。
    <空押し>箔を貼らずに型押しすること。
    表紙のタイトル、パッケージ、ブックカバー
    エンボス加工
    模様などのパターンを型押しして、圧を加えて紙を凸状に浮き上がらせること。エンボス加工がしてある用紙もある。浮き出し・浮き出し加工。 DMなどの封筒、名詞の部分的なデザイン
  • ■ 抜き加工
  • 名称 効 果 主な用途
    型抜き加工
    断裁機だと大まかな直線しか切れないので、直線以外の形に仕上げたり、箱などの展開図を切り取る場合に特定の形に打ち抜くこと。 パッケージ、ラベル、シール、POP

このページのトップへ

  • 11、特殊印刷

  • ■ 特殊印刷
  • 名称 効 果 主な用途
    セロハンテープ
    オフ印刷
    銀色の特殊インキで印刷された部分をセロハンテープではがすと、文字などの隠された部分の印刷が出てくる。 抽選券、ゲーム、雑誌付録
    スクラッチ印刷 銀色の特殊インキで印刷された部分をコイン等でひっかくと、隠された部分の文字が表示される。 キャンペーンくじ、ゲーム、雑誌の付録
    昇華転写印刷 昇華性のインクで印刷した印刷物を、アイロン等で熱を加えると、布などを染めることができる。 プリント服、雑誌付録
    ブリード印刷 黒一色の印刷物で、水に濡れると色が溶け出してくる。 ノベルティー商品、塗り絵
    感熱印刷 熱で色が変わる(染料タイプ)。暖めたり冷やしたりすると、色が変わったり、なくなったり、色が出てきたりする。 ラベル、カップ
    液晶印刷 液晶インクで印刷。温度によって色が変わる。 温度計、リラクゼーションカード
    立体印刷
    (3Dホノグラム)
    角度を変えると、光の干渉で輝く絵柄が見える。盗難防止として使われる。2Dタイプもある。 クレジットカード、入場券
    2色立体印刷 絵柄を赤、藍の2色で印刷。赤と青のフィルター(眼鏡)を使うと、立体的に見える。 絵本、立体映像
    鉛筆出し印刷 鉛筆でこすると、絵柄が現れる。 抽選券
    蓄光印刷 光を吸収する性質を練り込んだインクで印刷。暗いところで光って見える。 光るポスター、雑誌の付録
    バーコ印刷
    (隆起印刷)
    隆起効果が得られる。立体的な印刷物になる。レリーフ印刷。 本・ノートの表紙、パンフレット
    タンポ印刷 立体物に印刷、曲面に印刷できる。 オーディオ・ビデオなどの部品
    抗菌コート 抗菌効果があり、細菌が付かない印刷物ができる。 乳幼児用書籍

このページのトップへ

  • 12、用紙 (用紙の大きさ、重さ)

  • ■ 日本標準規格仕上げ寸法表
  • A判 サイズ(mm) 主な用途
    A0判
    A1判
    A2判
    A3判
    A4判
    A5判
    A6判
    A7判
    A8判
    A9判
    A10判
    A11判
    A12判
    841×1189
    594×841
    420×594
    297×420
    210×297
    148×210
    105×148
    74×105
    52×74
    37×52
    26×37
    18×26
    13×18

    ポスター・カレンダー


    カタログ・楽譜
    書籍・雑誌
    文庫本
    ポケット辞書
    B判 サイズ(mm) 主な用途
    B0判
    B1判
    B2判
    B3判
    B4判
    B5判
    B6判
    B7判
    B8判
    B9判
    B10判
    B11判
    B12判
    1030× 1456
    728× 1030
    515× 728
    364× 515
    257× 364
    182× 257
    128× 182
    91× 128
    64× 91
    45× 64
    32× 45
    22× 32
    16× 22
    駅貼りポスター
    ポスター
    ポスター・カレンダー
    車内吊りポスター
    グラフ誌
    教科書・雑誌
    書籍
    手帳
  • ■ 枚葉紙の標準寸法
  • 名称 サイズ(mm)
    A列本判
    625×880
    B列本判 765×1085
    菊判 636×939
    四六判 788×1091
    ハトロン判 900×1200
  • ■ 規格外の仕上げ寸法
  • 名称 サイズ(mm)
    四六判
    127×188
    菊判 127×188
    AB判 210×257
    小B6判 112×174
    三五判 84×148
    新書判 105×173
    三六判 91×171
    レターサイズ 215×297
  • ■ 上質紙の主な用途
  • 名称 主な用途
    45Kg
    取扱説明書
    55Kg コピー用紙(一般的な物)
    70Kg 郵便振替用紙、千円札
    90Kg 両面印刷で裏が透けない程度
    110Kg 健康保険証
    135Kg 官製はがき
    180Kg ポストカード、絵はがき
  • ■ 用紙の種類と主な用途
  • 名称 主な用途
    アート紙
    コート紙
    ミラーコート
    上質紙
    中質紙
    更紙(ざらがみ)
    書籍用紙
    ユポ
    微塗工紙
    再生紙
    ポスター、美術書、カタログ
    カタログ、カレンダー、ポスター、書籍、雑誌
    精度の高いカラー印刷
    教科書、書籍、ポスター、一般印刷
    教科書、書籍、文庫本、雑誌の本文
    新聞紙、週刊誌、漫画雑誌
    書籍の本文
    シール、ラベル、地図
    カタログ、チラシ、雑誌
    書籍、包装紙、OA機器用紙
  • ■ 上質紙の重さ
  • メートル坪 g/u キロ連量 Kg
    四六判 B列本判 菊判 A列本判
    52.3
    64.0
    81.4
    104.7
    127.9
    157.0
    209.3
    45
    55
    70
    90
    110
    135
    180
    43.5
    53
    67.5
    87
    106
    130.5
    31
    38
    48.5
    62.5
    76.5
    93.5
    28.5
    35
    44.5
    57.5
    70.5
    86.5
  • ■ アート紙の重さ
  • メートル坪 g/u キロ連量 Kg
    四六判 B列本判 菊判 A列本判
    79.1
    84.9
    104.7
    127.9
    157.0

    73
    90
    110
    135
    68
    73
    90
    110
    135

    70.5
    87
    106
    130.5

    70.5
    87
    106
    130.5

    50.5
    62.5
    76.5
    93.5

    50.5
    62.5
    76.5
    93.5

    46.5
    57.5
    70.5
    86.5

    46.5
    57.5
    70.5
    86.5
  • ■ コート紙の重さ
  • メートル坪 g/u キロ連量 Kg
    四六判 B列本判 菊判 A列本判
    73.3
    79.1
    84.9
    104.7
    127.9
    157
    63
    68
    73
    90
    110
    135
    61
    65.5
    70.5
    87
    106
    130.5
    43.5
    47
    50.5
    62.5
    76.5
    93.5
    40.5
    43.5
    46.5
    57.5
    70.5
    86.5
  • ■ アートポスト紙の重さ
  • メートル坪 g/u キロ連量 Kg
    四六判 B列本判
    186.1
    209.4
    232.8
    256.0
    279.0
    160
    180
    200
    220
    240
    111
    125
    139
    153
    167

このページのトップへ

  • 13、紙の目

  • ■ タテ目の紙
  • 縦組、横組図

  • ■ ヨコ目の紙
  • 縦組、横組図

  • 紙には繊維の方向の違いにより、タテ目の紙とヨコ目の紙がある。
    特に、書籍などをつくる場合、仕上がりの際の紙の目は重要で、とじ目に対して平行(タテの方向)に紙の目を揃えなくてはならない。この反対の場合を、逆目といい、見苦しい仕上がりになってしまう。

このページのトップへ

  • 14、規格寸法表

  • ■ ハガキ
  • 名称 サイズ(mm)
    官製
    100×148
    私製 横:90〜107  縦:140〜154  重量:2〜6g
  • ■ 封筒
  • 名称 サイズ(mm) 定形郵便物 規格
    長型1号
    2
    3
    13
    30
    4
    142×332
    119×277
    120×235
    105×235
    92×235
    90×205
    A4判縦2ッ折り
    B5判縦2ッ折り

    A4判横4ッ折り
    A4判横4ッ折り
    B5判横3ッ折り






    JIS規格


    JIS規格
    各型0号
    1
    2
    3
    4
    5
    6
    7
    8
    287×382
    270×382
    240×332
    216×277
    197×267
    190×240
    162×229
    142×205
    119×197
    B4判
    B4判
    A4判
    B5判、書籍、雑誌
    B5判、新株割当通知
    A5判、書籍、雑誌
    A5判
    B6判、B4判縦横4ッ折り
    給料、ダイレクトメール





    JIS規格
    JIS規格





    洋型0号
    1
    2
    3
    4
    5
    6
    120×235
    120×176
    114×162
    98×148
    105×235
    95×217
    98×190
    A4判横3ッ折り
    カード
    官製はがき
    B5判縦横4ッ折り
    A4判横3ッ折り
    A5判縦2ッ折り
    B5判横3ッ折り







    JIS規格


    JIS規格

    JIS規格
  • ■ 封筒
  • 名称 サイズ(mm)
    3号
    4号
    4号長2ッ折
    4号2ッ折
    欧米サイズ
    85×49mm
    91×55mm
    182×55mm
    110×91mm
    89×51mm
  • ※メーカーにより、名称・寸法が異なります。
    ※紙質はメーカー見本参照。
  • ■ カード
  • 名称 寸法(2ッ折)
    1号カード
    封筒
    2号カード
    封 筒
    161×109(218) mm
    176×120mm
    154×103(206)mm
    162×114mm
  • ※メーカーにより、名称・寸法が異なります。

このページのトップへ

  • 15、線数と濃度

  • ■ 印刷用紙・印刷物とスクリーン線数
  • 縦組、横組図

    ■ 線数について
  • 縦組、横組図

  • ■ 網点での濃度の再現
  • 縦組、横組図

    ※メーカー、出力機により、網点形状は異なります。

このページのトップへ