特徴よくあるご質問ご注意

画像補正します

 デジカメ画像、過去の印刷物、退色した写真、DVDビデオからのカットなど、色調の調整から、不要物の消去などの加工も可能です。※1

特徴

 デジタルカメラで撮影された画像は、必ず加工が必要になります。画像フォーマット変換やCMYKへの色変換、シャープネス処理なども行います。

 例えば、
 色調補正を行う場合、商品の色味にあわせたり、顔色修正、空の色や芝生の修正など。デザイン処理では、切り抜き、水平角度補正、レンズの歪除去、などからネクタイの曲り補正、シミ、そばかす除去、電線消しなども行います。

 印刷で必要な画像品質は、原寸サイズで350dpi〜400dpi程度必要です。実画像サイズに対して、商品が1/3程度の大きさしかないような場合、画像はぼけたようなイメージで表現されます。適切な解像度、適切なトリミングで初めて、高品質画像として使用できます。

  • デジカメデータのサポート

     写真=デジタルカメラで撮影したものになってきました。印刷物に使うためには、フォーマット変換から、CMYK変換やシャープネス処理、切り抜き加工、画像修正など、データ加工が必須です。画像処理は数値化できないことが多く、まだまだ職人的な処理が必要な分野です。 
  • 写真、ポジフイルムから

     お手持ちの写真、ポジフイルムから高精度スキャナにより、画像データを作成できます。その時に、色補正、傷修正、ゴミ取りなどから、画像への直接的な修正として、電線消しなどの加工も可能です。 
  • Windows DTPでのサポート

     CADソフトや3Dソフトからの変換、DVDからの画面キャプチャなども対応出来ます。

このページのトップへ

よくあるご質問

  • Q: 製作途中のデータでも可能ですか?
    A: お客様で作業されたデータを修正します。ただし、画像の場合、加工する都度、劣化する現象が見られます。オリジナル画像から修正した場合がもっとも品質がよくなりますので、担当営業にご確認ください。
    Q: 大きなものでも大丈夫ですか?
    A: 絵画や、立体物、凹凸があるものなどの場合、一度撮影しデータ化します。使用したい部分のサイズに合わせて画像データにしますので、事前に使用サイズをご指定ください。

このページのトップへ

ご注意

■※1: バックの足りないもの、色修正など、内容によっては加工可能なもの、向いていないものがあります。入稿後担当営業にご確認ください。