特徴よくあるご質問ご注意

印刷後、電子化し納品いたします。

 電子出版に対応できるようになりました。紙媒体から、パソコンでの閲覧用にPDFなどの形式での制作も行っています。また、iPhoneやiPad、Android携帯などのスマートフォンで公開、販売のお手伝いも可能です。※1

特徴

 印刷データから電子媒体への2次加工を始めました。PDFとして電子化する低コストの方法から、動画や音声、ユーザービリティの付加など、高付加価値のアプリ化した電子化まで行います。

 印刷後ではご使用予定のフォーマットすべてに対応できない場合があるので、必ず製作前にどのように公開したいのかご相談ください。また、AppleのAPPアプリとして登録する場合、Apple社の審査※2によって、販売できない場合があります。

  • DTPデータからの電子化

     印刷時にデータ化されていれば、低コストで電子化できます。ご使用用途にあわせた提案をいたします。
  • クリエイティブな電子化

     印刷時のデータを素材とし、動画や音声、ユーザーの操作にあわせた表示など、印刷物とは異なる表現でコンテンツを表示する。ユーザーの閲覧環境に合わせ制作しなければならず、一般的に制作費は高額になります。
  • CD-ROMやホームページ用に制作

     販売目的ではなく、マニュアルや施工説明書、商品パンフレットなど情報を伝えたい用途、検索、保存用に向いています。印刷物と同じ体裁で、しおり機能や、検索機能等付加し、閲覧しやすくなっています。

このページのトップへ

よくあるご質問

  • Q: DRM(コピープロテクト)機能を追加してほしい。
    A: 電子書籍のフォーマットごとに様々な機能を追加可能です。ご使用したいものをお選びください。
    Q: コストを掛けずに電子出版したい。
    A: デジタルでの制作が前提ですが容易にPDF化は可能です。
    Q: 修正があった場合、対応可能なのか。
    A: 元データがあれば対応可能です。ただし、制作環境が変わった場合はそれ以外に変更してしまう場所もあり、再度の校正作業が発生します。

このページのトップへ

ご注意

■※1: 電子書籍としてアプリでの販売に関しては、別途ご確認ください。データ作成とは別に、Apple社やGoogle社への登録が必要になります。
■※2: Appleが運営する、アプリケーションのダウンロードサービスに掲載する場合にAppleのアプリとして問題がないか確認されること。審査基準は明確になっておらず、審査が通らない場合も、どの箇所が問題あるのか通知されない。
印刷ハンドブック 抗菌ニス・インキ